キッコーマンは需要を伸ばしている「いつでも新鮮シリーズ」の密封ボトルに、新たに開発した「密封eco(エコ)ボトル」を投入した。当面、新発売の「しぼりたて生しょうゆMILD(マイルド)」と「超特選極旨しょうゆ」の2品に採用する。

エコボトルの特徴は、外容器と内袋の二重構造で鮮度保持機能はそのままに、〈1〉ボトルに使用する素材をポリエチレンからPET(ポリエチレンテレフタラート)に変更(内袋も)、PETボトルとして材料リサイクルなどが可能(ポリエチレンは「その他プラ」)〈2〉1本あたりの樹脂量を10%削減――など。

また従来品同様、1滴単位で出すことも可能だが、大きな力を入れずに大量に出すことが可能になった。従来品は出す時にピーという音が出ることがあったが、新容器ではこれもなくなった。順次、他の「いつでも新鮮シリーズ」の商品に採用していくことになる。

〈食品産業新聞 2018年2月22日付より〉