全日本カレー工業協同組合(江崎勝久理事長=江崎グリコ社長、略称・カレー組合)は、1月22日「カレーの日」に向けて、オープンキャンペーンを実施している。

カレー組合では毎年「カレーの日」(一社・日本記念日協会認定)にあわせて、カレーに関する情報の発信、普及活動を行っている。今年度は、オープン形式でプレゼントキャンペーンを実施。山形県産「雪若丸2kg(2018新米)」と、同組合加盟22社のカレー製品詰め合わせをセットで122人にプレゼントする。「雪若丸」は、山形県のブランド米「つや姫」の弟分として今年から本格流通しているコメで、良食味米に加えカレーとの相性もいいと評価されている。

今回、加盟各社による店頭プロモーションの実施のほか、同組合ではカレー揚げ出し豆腐やカレー鍋、カレーうどんなど栄養面だけでなく寒い冬に体を温め、健康な毎日を過ごせるようメニュー提案を行い、冬場の食卓を盛り上げていく。

なお、1月22日「カレーの日」は、1982年に社団法人全国学校栄養士協議会(当時)が、学校給食週間を前に、子どもたちに好まれていたカレーを全国の学校給食メニューとして提供するよう呼びかけたことにちなんでいる。

【キャンペーン概要】
▽キャンペーンタイトル=Happy Curry Day!1月22日はカレーの日キャンペーン
▽実施期間=2018年11月22日~2019年1月31日
▽応募方法=クイズの答えと必要事項を記入のうえハガキで応募
▽応募先=〒115-8691赤羽郵便局私書箱48号 カレーの日「プレゼント」係
▽当選賞品=カレー組合加盟企業のカレー製品22個詰め合わせと「雪若丸」2kgを122人にプレゼント
▽当選者発表=厳正な抽選のうえ、当選者には2019年2月以降順次賞品を発送