キユーピー株式会社は、福山雅治さんを起用した「キユーピーハーフ」の新たなテレビCMを制作し、8月19日から全国で放映を開始した。

今回制作した新CM「サンドイッチの、進化。」篇は、2007年から続く福山雅治さんを起用した「キユーピーハーフ」テレビCMの最新作で、全2篇のうちの1篇。11月からは2篇「カジュアルは、合理的。」を放映する。

本篇は、新鮮な季節の野菜をたっぷり使った、まるでサラダのようなサンドイッチ“片手で食べるサラダ”を提案する。カロリー50%カットで卵のまろやかなコクが特徴のキユーピーハーフが、健康に気遣う女性にフィットする商品であることを伝えている。

今回のCMでは、音楽活動30周年を迎えた福山さんが「サラダ」をテーマとした楽曲を12年ぶりに提供。福山さんはコロナ禍を機に、日々の食事や食卓のあたたかさを感じ、そして食材の命をいただくことに改めて感謝の気持ちを覚えたとのこと。楽曲「幸せのサラダ」は、そのような想いを込めて作られたという。

CMでは、「サラダ サラダ サラダ」と思わず口ずさんでしまう軽快なメロディにのせて、福山さんが進化したサンドイッチ“片手で食べるサラダ”を力強く訴求する。新鮮なニンジンをたっぷり使ったサラダのようなサンドイッチ。ニンジンが印象的に、かつ、軽やかに踊るシーンが注目だという。
ニンジンをたっぷり使ったサラダのようなサンドイッチ

ニンジンをたっぷり使ったサラダのようなサンドイッチ

 
また、新CMの放映開始に合わせて、「キユーピーハーフ」の特設サイトでは、96秒バージョンのCMを公開するほか、新鮮な野菜をたっぷり使ったサンドイッチのオリジナルレシピを紹介する。
 
◆「キユーピーハーフ」特設サイト
https://www.kewpie.co.jp/half/