ハウス食品は8月24日、小学校低学年の子どもをターゲットとした絵本「レッツ・ゴー☆バターチキンカレー」を、AmazonやLOHACOなどのECサイトで発売する。オープン価格(税込参考価格1,500円)。

さまざまなことに好奇心が強くなる小学校低学年の子どもに向け、「食育体験ができる絵本」をコンセプトに企画した。幼少期から料理体験をすることで、食への興味を持ってもらいたい、その為には子どもの自主的な関与が必須であると考え、子どもに馴染み深い「絵本」という形を採用。

「レッツ・ゴー☆バターチキンカレー」は、料理に興味がない主人公ジンジャーくんが、スパイスを探す旅の中で料理の奥深さ、食材のありがたみに気付いていく姿を描く。物語に登場するバターチキンカレーが実際に作れるレシピと4種類のスパイス(クミン、コリアンダー、ターメリック、ガラムマサラ)が付いている。レシピは、絵本のために作ったほとんど辛さを感じないオリジナルレシピを採用。A5判のハードカバー仕様。

ハウス食品は、「ルウではなくスパイスからカレーを作る体験を通して、そもそもルウがどういう調味料なのか、どんなスパイスから構成されているのかなど、スパイスの面白さを知るきっかけにしていただきたいです」としている。

◆LOHACO「レッツ・ゴー☆バターチキンカレー」販売ページ
https://lohaco.jp/product/X883435/