キユーピーは、肉をドレッシングに漬け込んでから冷凍し、解凍後に調理するとやわらかく、おいしくなることを研究で明らかにした。この調理法を“作り置き冷凍”とし、3月31日に開設した特設サイト「おうちでミールストック」で新たに提案していく。

キユーピーが行ったこれまでのドレッシングの調理研究で、ドレッシングに漬け込むことで肉がやわらかく、おいしくなることが分かっている。

今回、この調理法を応用し、漬け込んだ後に冷凍し、解凍した肉を調理しても効果があるかを検証した結果、冷凍しても同様であることが分かったという。

特設サイト「おうちでミールストック」では、作り置き冷凍レシピとして、ドレッシングで下味を付けた肉と野菜を炒めるだけで出来上がる簡単なレシピを紹介している。

コロナ下のテレワーク定着や外出自粛により、家で食事をする機会が増えたことから、まとめ買いや作り置きをする人が増えている。総務省・家計調査によると、2020年の精肉の消費金額は、4月〜12月累計で前年比約14%増加した。キユーピーの新提案「作り置き冷凍」は、休日などに肉をドレッシンに漬けて冷凍し、忙しい日にサッと調理できるため、調理時間の効率化にもつながる。

◆キユーピー「おうちでミールストック」特設サイト