全ての小売業を営む事業者を対象に、レジ袋有料化が7月1日からスタートした。有料化が義務付けられているのは、持ち手のあるプラスチック製買物袋で、「バイオマス素材の配合率が25%以上」など環境性能のあるレジ袋は対象外となる。
 
吉野家、くら寿司などの外食は、テイクアウト用のレジ袋を、バイオ素材配合に切り替え、無料提供を続けるところが多い。
 
百貨店、スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどは、有料化した。このうち百貨店は、食品用紙袋、レジ袋ともに環境配慮素材に切り替えた上で有料化したところが多い。
 
ユニクロ、ジーユーは、プラスチック製ショッピングバッグから環境配慮型紙袋への切り替えを進めながら有料化の予定(延期中、2020年内)。プラスチック製ショッピングバッグの配布を順次廃止してきた無印良品は、紙袋を今後も無料で提供する。ユニクロ、無印良品などは、マイバッグの販売も強化している。
 
環境省の試算では、日本から毎年排出される廃プラスチックのうち、レジ袋が占める割合は2〜3%程度と、わずかだという。生活に浸透したレジ袋の有料化は、使い捨てプラスチックへの意識を高め、ごみ削減につなげる象徴のようだ。
 
無料レジ袋のおかげで、気楽に買い物できていた面もある。マイバッグが浸透すれば、そのサイズに合った買い方になるだろう。一層厳選して買い物をする時代の幕も開いた。
 
〈食品産業新聞 2020年7月13日付より〉