ヤマザキビスケットは4日、ココア味のクッキー「ノアール」やプレーンクラッカーの「ルヴァンクラシカル」など新商品6品を発売した。日本国内のビスケット市場において、確固たる実績を誇る同社の高い技術力や品質を生かした商品を提案し、需要期を盛り上げていく。

「ノアール」は、ブラックココアを使ったクッキーに程よい甘みのバニラクリームを挟んだもの。

47年の年月で培った技術力を生かした。ココアの香りとバニラの豊かな風味が広がる。9枚×2パック、参考価格220円。

「ルヴァンクラシカル」「ルヴァンクラシカル6P」は、小麦本来の素材の味と発酵の風味を生かしたシンプルな味わいとした。そのままでも、他の食材にも合うので、幅広いシーンで食べることができる。6枚×9パック・280円、6枚×6パック・190円。

また、ルヴァンクラシカルに塩を掛けずに仕上げた「ルヴァンクラシカルノントッピングソルト」は、塩味のきいた食材に合わせやすい。6枚×9パック、280円。

このほか、「ルヴァンプライムスナックL」「ルヴァンプライムスナックS」は、サクッと軽い食感に香ばしさが広がる味とした。25枚×3パック・300円、13枚×3パック・160円。

〈食品産業新聞2017年12月18日付より〉


【関連記事】
旭日小綬章に飯島茂彰ヤマザキビスケット(株)社長ら輝く=2017秋の叙勲