〈丸大食品グループの梅屋とノーベル製菓「男梅」の共同開発商品〉
丸大食品グループの梅屋(和歌山県田辺市、西林要社長)は4月1日、ノーベル製菓のブランド「男梅」との共同開発商品のカップデザート「男梅ゼリー」を発売する。

紀州南高梅の「しそ漬梅」がまるまる1粒入っており、本格的な梅干し味が味わえる。ゼリーの甘さと梅干しの塩味や酸味が絶妙にマッチして暑い夏に最適。ゼリーには、和歌山県産の梅エキスと南高梅梅干しエキスを配合しており、さわやかな香りと本格的な梅干し味が味わえるように甘しょっぱく仕上げている。内容量115g、税別180円。

〈畜産日報 2019年3月29日付〉