グレープストーンが展開するシリアルスイーツ専門店「シュガーバターの木」は5月26日から、「シュガーバターサンド きゃらメリゼ」を、大阪・博多の阪急限定で販売する。9月頃(予定)までの夏期限定。

「シュガーバターサンド きゃらメリゼ」は、2016年発売以来、毎年ファンを増やし続け、累計販売380万個を突破したベストセラーサンド。緊急事態宣言による店舗休業により発売延期となっていたものが、ついに5月26日に発売する。5個入496円(以下税込)、12個入1,080円、18個入1,620円の3サイズを展開。販売店舗は、シュガーバターの木阪急うめだ店、シュガーバターの木博多阪急店。

パリとろ食感が特徴の「シュガーバターサンド きゃらメリゼ」は、全粒粉やライ麦香る自慢のシリアル生地に、焦がすほど香り立つように配合した特製ブレンドシュガーをふってからキャラメリゼし、中には北海道ミルク仕立てのホワイトショコラをはさんでいる。シュガーバターの木の本拠地・東京でも販売されていないレアな商品で、店舗で購入できるのは大阪と博多のみ。自分へのご褒美はもちろん、シックでモダンなデザインパッケージはちょっと贅沢な手みやげにも最適だという。

なお、大阪の阪急うめだ本店は5月21日から当面の間、平日のみの営業で、午前11時からの時間帯で営業再開する(閉店はフロアごとに異なる)。博多阪急は5月21日から当面の間、11時~19時の時間帯で営業再開する。

〈関連記事〉大阪の百貨店が営業再開、高島屋・近鉄・阪急・阪神・大丸など
https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2020/05/2020-0518-1653-16.html