カルビーは6月22日から、ピザポテトシリーズ“史上最強に辛い”商品、「辛いピザポテト」をコンビニエンスストアで先行販売する。60g、オープン価格(想定価格は税込150円前後)。期間限定で10月下旬終売予定。一般販売は6月29日から。

「ピザポテト」は1992年に発売した商品。厚切りポテトチップスに、エメンタールとチェダーのダブルチーズフレークやパセリなどをトッピングし、ピザの味を再現している。揚げたて熱々のポテトチップスにチーズ味フレークを乗せて溶かし付ける、カルビー独自の「メルトフレーク製法」を使った濃厚なチーズの味わいが特徴だという。

今回発売する「辛いピザポテト」は、定番の「ピザポテト」にハバネロをトッピングしたような、辛くて旨い味わいの新商品。このフレーバーは2014年にもチリベースの味で期間限定販売し好評を得たもので、このたび新たにハバネロを使い、さらに“辛く旨い”商品として、辛い味が食べたくなる夏の期間に発売することを決定した。

これまでの「ピザポテト」シリーズで“最も辛い”という「辛いピザポテト」は、ハバネロとチーズを絶妙なバランスで組み合わせ、こってりとしたピザの味わいとじわじわとした辛味が楽しめるピザポテトならではの旨辛テイストに仕上げている。

パッケージは、商品の特徴である辛さがダイレクトに伝わるように、赤色をベースとし、ハバネロのイメージイラストを配置している。