近鉄百貨店の「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)では、関西の百貨店で最も早い1月19日から、バレンタインフェア「バレンタイン ショコラ コレクション 2021」をスタートする。会場となる9階催事場に、国内外より選りすぐった約110ブランドを一堂に集めた。前年約140だったブランドを絞り込み、買い物やイートインのスペースを広く確保した。

店頭の開催期間は2月14日まで。ネットショップは1月7日~2月12日。売り上げは、9階、地下1階を合わせて、前年並みの7億円を目指す。好調のネットショップは、前年比1.5倍の4000万円を見込む。

コロナ禍の中で頑張る大切な人への「エール」や「感謝」の贈り物、自分への「ご褒美」にしたい特別感のあるチョコレートを提案する。また、「オンライン映え」、「おうちチョコスイーツ」を充実。全国初、関西初、同店限定など注目の商品を多数揃えた。

あべのハルカス近鉄本店はコロナ禍への対応として、ECを含む取り組みを強化している。「バレンタイン ショコラ コレクション2021」においては、ネットショップで限定商品を含む約70ブランドを展開するほか、限定サービスを実施する。取り扱いブランドは順次追加する予定。

また、百貨店の商品をスマホアプリから注文し、当日中に指定の場所に配送する「PickGo(ピックゴー)買い物」サービスを初導入する。

感染症対策の一環として、ショコラティエの来店イベントは行わずに、実演などの動画を配信。また、不特定多数の人が触れる可能性のある紙カタログを廃止し、WEBカタログの配信に移行した。

1月8日のメディア内覧会では、世界から注目を集める京都北山マールブランシュのショコラトリー「加加阿365」のチョコレート菓子「もなかかお」(10個入2160円・以下税込み)など、注目商品を披露した。
加加阿365「もなかかお」

加加阿365「もなかかお」

 
世界の有名ブランドでは、アラブ首長国連邦・ドバイ発のブランド「ヴィヴェル パティスリー」の「チョコレートアソート」(3個入、2981円)などが初登場する。
 
「オンライン映え」では、湯布院ジャズとようかん「ジャズ羊羹 chocolat」(1棹2646円)、ポアール「グランドピアノ」(1台32400円)など、ピアノや音楽をモチーフにしたチョコレートが登場する。
 
また、クッキーやサブレ、ブラウニーなどチョコ菓子を特集し、全国初、関西初のブランドも揃えた。
 
その他、近隣の医療従事者に対して、混雑を避けつつバレンタインを楽しめるよう、別会場を用意する。
 
◆「バレンタイン ショコラ コレクション 2021」特設サイト