森永乳業は6月8日、森永製菓とコラボレーションしたカップ飲料「森永ラムネ」を全国で発売する。240m、希望小売価格150円(税別)。

〈関連記事〉森永乳業×森永製菓「食べる甘酒ヨーグルト」発売、“酒粕×米麹”のつぶつぶ食感、ミルクのおいしさ

40年以上親しまれているラムネ菓子のロングセラーブランド「森永ラムネ」の味を再現したドリンク。“ラムネ”の名が付くが、炭酸飲料ではない。チルドカップ飲料とのコラボレーションは、森永製菓「森永ラムネ」史上初の試み。ぶどう糖配合で、スッキリとした味わいを楽しめるという。主要ターゲットは、ラムネが好きな20~30代男女。

なお、森永製菓「森永ラムネ」は、1973年から販売する、青いラムネ瓶をイメージしたパッケージが特徴的な商品。90%がぶどう糖で出来ており、手軽に購入できることから、最近では子どもだけでなくビジネスマンや学生など、集中力を必要とする人からも好評を得ているという。