BANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ)は10月20日午前11時、バンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」で、「ガンダムカフェ クッピーラムネ」の予約受付を開始する。

【関連記事】ファミマ限定「食べマス ムーミン」スナフキンとセットで和菓子に、ミルク味と抹茶味/バンダイ キャンディ事業部
「ガンダムカフェ クッピーラムネ」

「ガンダムカフェ クッピーラムネ」

 
ラムネ菓子「クッピーラムネ」と、「GUNDAM Cafe(ガンダムカフェ)」のコラボによるスペシャルパッケージ商品。商品サイズは約130mm×190mm×50mm。個包装4g×30袋を、お菓子屋さんで見かけるような「ガンダムカフェ ディスプレイボックス」に入れる。税込918円。送料・手数料別途。配達日は11月下旬を予定している。準備数に達した場合、販売終了する場合がある。
 
「クッピーラムネ」は、かわいらしいウサギとリスのキャラクターが描かれたパッケージで親しまれる、甘酸っぱくて口どけの良い“湿式ラムネ”。今回の「ガンダムカフェ クッピーラムネ」パッケージには、動物たちとともに、ディフォルメされた「アッガイ」と「シャア専用ザク」が登場する。BANDAI SPIRITSは、「ほんわかほのぼのとしたデザインで見ているだけでも癒される商品に仕上げました」「『食べて』『飾って』『癒されて』と美味しいのみならずお部屋のインテリアとしても楽しませてくれます」などとしている。

「ガンダムカフェ クッピーラムネ」

「ガンダムカフェ クッピーラムネ」

「ガンダムカフェ クッピーラムネ」

「ガンダムカフェ クッピーラムネ」

 
なお、「GUNDAM Cafe(ガンダムカフェ)」はBANDAI SPIRITSフードエンターテインメント開発部が運営する、「ガンダム」をテーマとするカフェ。キャラクターテーマカフェの先駆けとして、2010年4月、秋葉原駅前に1号店をオープン。キャラクターの世界観を取り入れたメニューや内装、接客により、多くのガンダムファンに利用されている。
 
一方、「クッピーラムネ」は湿式ラムネでトップシェアを誇る菓子メーカー・カクダイ製菓の製造するラムネ菓子。カクダイ製菓は大正8年(1919年)に和菓子屋「増進堂」を創業。昭和23年(1948年)からアメやショウロ、羊かんなどの製造にもチャレンジするようになり、昭和25年(1950年)からは現在のように「クッピーラムネ」の愛称で親しまれるラムネ菓子の製造を事業としている。
 
「クッピーラムネ」は当初、「固形ラムネ」「ビンズラムネ」という商品名だったが、当時のパッケージイラストにエンゼルフィッシュが描かれていたことで「グッピーのラムネ」と呼ばれていた。グッピーは色彩の豊かな小型淡水魚で、エンゼルフィッシュとは別の魚だが、勘違いがあったもようだという。カクダイ製菓では後に商品名を「グッピーラムネ」としたが、濁点がつくと呼びにくいという理由で「グ」の濁点を外し、「クッピーラムネ」に改めた。

「クッピーラムネ」通常パッケージ

「クッピーラムネ」通常パッケージ

 
◆バンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」