ゴディバ ジャパンは1月7日、チョコレートブランド「GODIVA」日本上陸50周年を記念する「50周年アニバーサリー」限定コレクションを発売する。

【関連記事】福袋「ゴディバ ニューイヤー ハッピーバッグ2022」1万円相当が7000円、5000円相当が3000円、限定チョコレートやアイスチケットをセットに

販売期間は3月31日まで。ゴディバオンラインショップと全国のゴディバショップで販売する。

ゴディバは1926年、ベルギー・ブリュッセルで、マスターショコラティエだった創業者のドラップス氏が自宅の地下室を使って「ショコラトリー・ドラップス」としてチョコレートを作り始めたことをルーツとする。

その後、1945年に「ショコラトリー・ドラップス」だった会社を「ゴディバ」とし、ブリュッセルのレオポルド2世通りに、「ゴディバ」第1号店をオープン。日本では、大人が楽しむ高級チョコレートがほとんどなかった1972年、東京・日本橋三越にショップ1号店をオープン。2022年に50周年を迎える。

今回発売する「50周年アニバーサリー」限定コレクションは、“日本への感謝の気持ちを込めて”届けるという。日本とベルギーそれぞれの国の素材を使った限定粒を詰め合わせた「50周年アニバーサリー 感謝の想い」に加え、日本上陸50周年を記念した限定粒とゴディバの象徴的な粒を詰め合わせた「50周年アニバーサリー ヘリテージ」をラインナップする。

「50周年アニバーサリー 感謝の想い アソートメント」および「50周年アニバーサリー 感謝の想い グランプラス」には、宮崎産柚子(ゆず)のマーマレードとゴディバ伝統のヘーゼルナッツプラリネを融合させた「柚子フィユティーヌ」など、日本の食材とゴディバの伝統を融合させた粒のほか、ゴディバ誕生の地ブリュッセルで人気のワッフルをイメージした「ベルジアン ワッフル」、甘酸っぱいチェリーを使った「日本の春」など、日本とベルギーそれぞれの国にゆかりのある食材を使った全7種の限定粒を詰め合わせる。パッケージは、ベルギーと日本の象徴的なモチーフのイラストと50周年ロゴで華やかに彩る。

「50周年アニバーサリー ヘリテージ アソートメント」と、三越伊勢丹百貨店限定「50周年アニバーサリー ヘリテージ リバイバル アソートメント」には、ゴディバが“お客さまに幸せと愛をお届けする架け橋になれるようにと願いを込めて創り上げたチョコレート”「心の架け橋」のほか、全8種類の限定粒の詰め合わせ。ゴディバで最も歴史ある「レディ ノア」や、ベルギー王室御用達ブランドとして認定されたことを記念して1968年に誕生した「エキュソン」、1972年に日本初出店を祝ってつくられたメモリアルチョコレート「ニッポン」など、歴代の記念に残るチョコレートをアソートしている。

ゴディバジャパンは2022年、“GODIVAはもっと日本を知りたい。”をテーマに年間を通して特別なチョコレート開発やキャンペーン、イベントなど50周年を祝う様々な取り組みを実施していくという。

なお、ゴディバ ジャパンでは「50周年アニバーサリー」発売と同日の1月7日から、2022年「ゴディバ バレンタイン コレクション」の販売を開始する。ハート形のキュートなパッケージに限定粒を詰め合わせた「ときめく心 ハート セレクション」(6粒入=税込3240円、12粒入=税込5400円)や、「ときめく心 キープセイク」(5粒入、税込3996円)、サンエックスのキャラクターシリーズ「すみっコぐらし」とのコラボによる「ゴディバ×すみっコぐらし アソートメント ポーチ付き せいふく」「ゴディバ×すみっコぐらし アソートメント ポーチ付き はーと」(各6粒入、税込2750円)などの商品を展開予定だ。

【関連記事】ゴディバ×すみっコぐらし ポーチ付きチョコレート、2022年バレンタインコレクションで展開
「ゴディバ×すみっコぐらし アソートメント」(2022年バレンタインコレクション)

「ゴディバ×すみっコぐらし アソートメント」(2022年バレンタインコレクション)

 
◆ゴディバオンラインショップ