東京・白金台でウェディング事業などを展開する八芳園は、園内レストラン「Thrush Cafe(スラッシュカフェ)」で、「アレルギー対応スイーツコンテスト2021」の受賞スイーツ2品を提供している。数量限定販売、提供期間は2月28日まで。

【関連記事】「第3回 アレルギー対応スイーツコンテスト2021」応募139作品から受賞作決定、一般部門の1位は「エデン」

「アレルギー対応スイーツコンテスト」は、3大アレルゲンの「卵・乳製品・小麦」を使わないスイーツを通して、“アレルギーを持っている人も持っていない人も笑顔になれるスイーツ”の啓発を目指すコンテスト。主催は日本環境保健機構・アレルギー対応スイーツコンテスト実行委員会。

「アレルギー対応スイーツコンテスト2021」学生の部で優勝した萩原万葉さん考案の「タルト・タタン」はリンゴの酸味を活かし、満足感が得られるよう砂糖や豆乳の配合を工夫している。小麦粉を使用せず、アーモンドプードルと米粉の割合を調整し、サクサクとしたタルト生地に仕上げた。
「タルト・タタン」(アレルギー対応スイーツコンテスト2021 学生の部 受賞スイーツ)

「タルト・タタン」(アレルギー対応スイーツコンテスト2021 学生の部 受賞スイーツ)

 
一般の部で優勝した小林富裕さん(東京製菓学校講師)考案の「エデン」は、「通常の菓子と変わらない見た目と味」をコンセプトに、ココナッツやアーモンドミルクを使ったムースやさまざまなフルーツを使うことで深みのある味わいとした。
 
ともに7大アレルゲン除去、単品900円・ドリンクセット1500円(各税込、サービス料別途)。なお、2品の製造キッチンや食器などにおいて小麦・乳・卵・そば・エビを使用しているため、コンタミネーションが生じる可能性があるという。
 
◆アレルギー対応スイーツコンテスト2021公式サイト