消費者庁は4日、第1回食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会を都内で開き、新たな食品表示法の施行に伴い、食品のインターネット販売に係る、必要な情報の内容や提供方法などについて検討していくことを明らかにした。

今後は、インターネットで食品を販売している事業者から情報提供に係る取組状況や課題を聴取し、インターネットを通じて食品を購入している消費者からも、インターネット販売を活用するために必要な情報の内容を聴取して、情報内容やその提供方法などについて検討を進め、16年秋頃に取りまとめを行う。(詳細は本紙にて)