日本植物油協会(日油協)は19日、17年の製油業界10大ニュースを発表した。今村隆郎会長と油脂業界紙9社の投票によるもの。1位から10位の事項は下記のとおりで、1位には「世界的に大豆・菜種とも豊作にかかわらず、需要拡大で相場は高止まり」が選ばれた。なお、2位にも厳しいコスト環境に関連する事項が選ばれており、年初から業界各社が継続的に油価適正化に取り組みながらも、収益的には厳しい結果となった一年を代弁する形となっている。ただ3位には、オリーブ油、ごま油、米油を始め、堅調な食用油需要に関する事項が選ばれており、2018年は改めてここを手掛かりに、収益回復に取り組みたい。

〈17年製油業界10大ニュース〉
①世界的に大豆・菜種とも豊作にかかわらず、需要拡大で相場は高止まり
②円安傾向と原料相場の高止まり、物流費の高騰など厳しいコスト環境
③健康志向の定着に伴い、オリーブ油、こめ油、ごま油、あまに油、えごま油など多彩な油の需要が引き続き好調
④加工食品の原料原産地表示制度の対象品目が拡大し、植物油も対象に
⑤国内大豆搾油量が3年連続の増加(3年連続で200万t水準)
⑥パーム油について2020年東京オリンピック・パラリンピック調達基準の検討が行われる
⑦IOC(国際オリーブ協会)と日本植物油協会の連携強化
⑧遺伝子組み換え表示制度に関する検討会が行われる
⑨米国産大豆の生産量は2年連続で史上最高を更新
⑩アメリカ大豆輸出協会によりSoy oil Master検定始まる。

〈大豆油糧日報2017年12月21日付より〉