ヤマダフーズは、合わせだしタレとカレーパウダーの別添で香りを楽しむ「スパイシーカレー納豆」を、関東・東北地域で販売開始した。納豆40g・タレ5.5g・カレー粉0.5g×3パック、価格はオープン。

30種類以上のスパイス&ハーブを使用した別添のカレーパウダーをかけることで、フレッシュでスパイシーな香りを楽しむことができる。かつおと昆布の香る合わせだしタレも付いており、カレーパウダーを加えると、蕎麦屋のカレー蕎麦のような味も楽しめる。

粉末別添付き商品を展開している納豆メーカーがほとんどない中で、ヤマダフーズでは2020年3月に「削りこぶし納豆」を発売し、好評だったという。これを受け、粉末別添第2弾として今回の「スパイシーカレー納豆」を開発した。「これまでの当社のカレー納豆といえば、別添にカレーソースやペーストを使用したもので、香りも少なく、しつこい味になりがちだった。ソースをカレーパウダーに変えることでキレがあり、フレッシュで飽きのこない香りが楽しめる」。

〈大豆油糧日報2021年3月12日付〉