2020年3月から発売したマルコメの「プラス糀(こうじ)糀甘酒LL 糀リッチ粒1000ml」が出荷金額ベースで前年比32%増と好調な売れ行きを示している。売価は豆乳やアーモンドミルクなどに比べ高価でありながら、需要の高まりは衰えていない。

「プラス糀糀甘酒LL 糀リッチ粒1000ml」は、味を調える微量の食塩を使わずに米糀を2割増やした濃厚な味わいに仕上げられている。世界初となる粒入り糀甘酒の無菌充填で、糀甘酒本来の味わいが楽しめるのも特徴だ。

2021年の春夏の新商品では、同商品の飲みきりサイズを発売してほしいという消費者の要望に応え、130mlの飲みきりサイズを発売した。

マルコメでは、「プラス糀糀甘酒LL 糀リッチ粒1000ml」を調味料として使った数多くのレシピを、同社ホームページやレシピ検索サイトに掲載し、砂糖の代わりに使う調味料として、同商品を訴求している。

レシピでは、すき焼きやしょうが焼き、照り焼きチキンのほかに、レアチーズケーキや生チョコといったスイーツにまで、幅広く展開し、使い方提案に力を入れている。

ケロッグとの共同販促にも期待がかかる。コロナ禍で、免疫と関連性の高い腸内環境改善機能のニーズが高まっていることから、甘酒とシリアルを同時に摂ることで、オリゴ糖と食物繊維による相乗効果を訴求する売場を構築している。

「健康のために美味しくスタート満点朝食」というキャッチコピーとともに、朝食における糀甘酒とシリアルとの組み合わせを展開し、ニューノーマルに対応した健康習慣を訴求することで、さらなる需要の高まりを期待している。

◆マルコメ「プラス糀レシピ」サイト

〈大豆油糧日報2021年4月1日〉