発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するDAIZは、シリーズBの資金調達ラウンドにおいて、味の素、丸紅、ENEOSホールディングスなどの事業会社7社との資本業務提携と、三菱UFJキャピタル、農林中央金庫、三井住友海上キャピタルなどの金融投資家9社を引受先とする第三者割当増資により、総額18.5億円の資金調達を実施した。これにより累計資本調達額は30.5億円となった。植物肉スタートアップとしては国内最大の資金調達となるとしている。

DAIZでは、「シリーズA・Bの資金調達ラウンドを通じて、成長資金の獲得に加えて、資本業務提携先との協業により、『ミラクルミート』の商品化や販路拡大、SDGsの観点からの差別化訴求などを推進していく。今後も積極的に大手事業会社との提携を進める予定」としている。

〈関連記事〉植物肉「ミラクルミート」で大型資本提携を成功、今後は小売チャンネルも展開/DAIZ

シリーズBラウンドで調達した資金は、DAIZの植物肉「ミラクルミート」の生産体制の拡大と研究開発(R&D)の強化、グローバルでの事業展開、成長を支える人材採用などに充当し、更なる事業基盤の拡充を図っていくとする。生産体制の拡大として、工場の増床により2021年6月から「ミラクルミート」は年間4,000tの生産キャパシティとなる予定だとしている。

また、資本業務提携先との協業により、成長を加速させていく。大手食品メーカーである味の素、ニチレイフーズとは、「ミラクルミート」を原料とした家庭用・業務用商品の共同開発を行う。丸紅、日鉄物産、兼松・兼松食品とは、商社のネットワークを通じて「ミラクルミート」の国内外への販路拡大を推進するという。

CO2排出削減に資する事業の創出を目指すENEOSホールディングスとは、従来の食肉や脱脂大豆由来の植物肉と比べて環境負荷が小さい「ミラクルミート」の普及を通じて低炭素社会の実現を目指す。同提携は、国内の植物肉のプレイヤーとしては初めてのSDGsへの貢献を目的とした資本業務提携となったとコメントしている。

〈大豆油糧日報2021年4月20日付〉