太子食品工業は5月31日から、キッコーマン食品「味わいリッチ減塩しょうゆ」とコラボした、「味わいリッチ減塩しょうゆ使用たれ付き減塩太子納豆」(45g×3、税込158円、東北エリア)を発売する。納豆1パックで、減塩率30%(同社従来品の納豆・たれ・辛子比較)を実現した。やわらかくて食べやすい極小粒の納豆に仕上げている。

近年、健康志向の高まりで減塩や適塩への取り組みが盛んであるとし、太子食品工業も過去に減塩納豆の開発を行ってきたが、「味が薄い・ご飯がおいしく食べられないなどの理由から、お客様の支持を頂くには至らなかった」という。

そこで今回、毎日食べる納豆だからこそ「おいしく」そして「減塩」の商品を届けたいとの想いから、減塩しょうゆカテゴリ売上ナンバー1(インテージSCI、2019年4月~2021年3月)であり、減塩であることに加えおいしさが評価されている「味わいリッチ減塩しょうゆ」を使用した納豆専用たれを開発した。初年度の年間販売数は108万個を見込んでいるという。

〈大豆油糧日報2021年5月12日付〉