二反田醤油店(大分県中津市)は、新分野のしょうゆとして、スイーツのための「バニラ醤油」と「みたらし醤油」を開発した。

「バニラ醤油」は塩キャラメルのような食感で、普段のスイーツが塩バニラの洋風に変身する。「みたらし醤油」は、その名の通り昔からの和風スイーツみたらし風味で、「洋菓子もちょっと和風になり、新しいおいしさが楽しめる」と提案する。

ケーキやアイスクリームのトッピング、豆乳、あまざけに混ぜるなど、さまざまな用途で使用できる。

原料にもこだわり、大分県産大豆・小麦、ミネラル豊富な自然塩を使用した「三年完熟醤油」、三温糖、波照間島黒糖、濃厚熟成本みりんを使用している。

同商品は、11月の販売開始を前に、10月24日までクラウドファンディングを実施している。

〈大豆油糧日報2021年9月30日付〉