あづま食品は8月29日から、西日本エリアで発売10年目を迎える人気商品「国産ひきわりカップ3」を東日本エリアへ販売拡大すると共に、パッケージデザインのリニューアルを実施する。

自社ひきわり大豆工場(西日本)の稼働により、安定したひきわり加工が可能となったことから、販売エリアの拡大を図る。さらに、9月1日から2023年2月28日までの季節限定で、「おろしだれしょうが納豆」を全国(北海道・九州除く)で新発売する。
あづま食品「おろしだれしょうが納豆」

あづま食品「おろしだれしょうが納豆」

「国産ひきわりカップ3」(納豆30g、たれ3.5g×3、オープン価格)は、小さな子どものいるママ世代、安全志向のシニア女性など、購買者の9割を占める女性をターゲットにした可愛らしいデザインにリニューアルする。売場でも目立つ明るいピンク色で、子どものイラストが入った可愛いカップ容器となっている。同商品は、丸大豆を6~8分割した食べやすいひきわりタイプで、幼児食にもおすすめ。国産大豆を使用している。添付たれには有機しょうゆを使用し、まろやかな味わいに仕上げた。深さのあるカップ容器でかき混ぜやすく、こぼれにくい。ごはんや薬味を入れても便利に使える。少ない量を求める人にも適した30gカップで展開している。
 
「おろしだれしょうが納豆」(納豆40g、たれ9g×3、オープン価格)は、発売20年の人気商品「おろしだれ納豆」の季節限定おろしだれシリーズ第3弾だ。新鮮な国産大根を使用したおろしだれに国産生姜を加え、生姜の風味がしっかりと効いた季節を感じる和の味わいとなっている。生姜の香りが食欲をそそり、大根おろしと合わせることで、生姜の辛味・苦味は感じさせず食べやすい優しい味わいに仕上げた。
 
さらに、おろしだれ納豆シリーズでは初めて、北海道産小粒大豆を100%使用している。北海道産小粒納豆は、ふっくらやわらかな食感でうま味・コクが強く、苦みや渋みが少ないスッキリとした味わいが特徴だ。生姜入りおろしだれの風味に良く合い、それぞれの良さを引き立てる。

〈大豆油糧日報2022年7月26日付〉