給食雑誌 月刊 メニューアイディア

給食雑誌 月刊 メニューアイディア

日本で唯一、栄養士・調理師必読の全給食業態向け総合月刊誌

メニューアイデア

外食市場規模は25兆円前後と低迷を続けています。中でも給食業界では、その不景気に追い討ちをかけるように外食業界とのボーダレス化により、価格的にも味覚的にも厳しい状況が続いています。その上、ポジティブリスト制が導入されるように食の安全・安心へのニーズは高く、一方で子どものキレやメタボリック症候群への有効打となるような食育情報の提供とオリジナルメニューが求められています。 本誌は日本で唯一の給食業界総合誌として、毎月これらに応える新メニューを掲載するとともに、事業所、学校、病院、シルバー、弁当業界までを網羅した業界最新情報をお伝えし、現場の栄養士・調理師はじめ食材仕入れ担当者から企業経営者、給食関連関係者まで必携の月刊誌となっています。


創刊:
昭和54年(1979年)1月
発行:
毎月、初旬に発行
体裁:
(月刊誌)A4判 70ページ前後 (増刊号)B5判 240ページ前後
主な読者:
事業所給食、医療・シルバー施設、学校給食、日配弁当事業者、食品メーカー、卸業者、行政他。
発送:
メール便による配送
購読料:
1年=本体価格12,000円+税(送料込)

バックナンバー 最新号のご案内

表紙サンプル

2018年7月号

〈インタビュー〉公益社団法人日本メディカル給食協会・山本裕康新会長 協会設立30周年、変化に素早く対応、外国人技能実習生の受け入れを目指す
5月18日の定時総会で吉田憲史前会長の跡を引き継ぎ、(公社)日本メディカル給食協会の第8代会長に就任したのが、メーキュー㈱の山本裕康社長である。高齢化の進展と経営環境の厳しさが増す中、山本会長はどのように協会を運営していくのか。メーキュー㈱本社を訪問し、取り組むべき課題について詳しく聞いた。

〈高齢者食特集〉
・高齢化の進展で活性化する国・団体・企業の様々な動き
・“メーキュー版働き方改革”で入社5年以内の社員定着率95%以上をめざす
・日本栄養支援配食事業協議会・黒田賢会長インタビュー 介護食品のマーケット、 NSDの方向性、海外需要
・嚥下食、介護食にも! ~トレハロースにできること~

〈特別インタビュー〉
・日本スポーツ栄養協会・鈴木志保子理事長 スポーツ栄養を普及啓発 食品メーカーとの共同開発も
・㈱シュガーレディ本社・佐藤健社長 Kバレエカンパニーや東西レストランシェフと食コラボ実現 家庭向け以外にも新規事業、新チャネルを次々展開

〈総会大特集〉
・(公社)日本給食サービス協会
・学校給食用食品メーカー協会
・(一社)関東学校給食サービス協会
・(一社)日本弁当サービス協会
・(一社)日本冷凍食品協会
・(一社)日本惣菜協会
・(一社)日本給食品連合会
・(一社)日本外食品流通協会
・JF、IFA、ジェフダ、全給協、関東給食会など各種総会概要

〈ニュースアラカルト〉
・新行事食「夏越ごはん」を約50カ所 の受託施設で期間限定で提供/グリーンハウス
・6月26日本社移転、組織変更は7月1日/ソシオークグループ
・6期連続で過去最高売上高を 更新7期連続で増収/ケンコーマヨネーズ
・改正食衛法が国会で成立、広域的 食中毒事案への対応を期待する業界
・前期増収減益、今期は開発統括 本部設置等で大幅増益めざす/大冷
・7月29日に「手づくりでオリジナル 焼きドーナツをつくろう」人気イベント開催/集団給食協会

〈連載企画〉
・北原グループによるエッセイ「食べ物の常識?非常識…?」
・北原グループによる夏「自分に優しい?ヒトがいる風景」のレシピ
・食材市況〈畜産・水産・野菜〉


バックナンバーの見出しを見る

TOPへ

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.