酒類飲料日報

酒類飲料日報

酒類に関する全ての情報が分かる日刊の専門紙

酒類飲料日報

2006年9月に酒販免許が実質自由化されたことはご存知でしょうか。お酒を購入する場所は「酒屋」からスーパーやコンビニに変わりました。いま、売場だけでなくメーカーや卸売業者など酒類業界にも変革の波が一気におしよせています。ビールメーカーはオープンプライスを導入したり、同業他社にM&Aを仕掛けたりと「横並び」と言われた業界構造が音を立てて崩れています。末端小売6兆円という巨大な飲酒市場をめぐってビジネスに勝ち抜くためには日々の新鮮な情報が欠かせません。情報力が企業の業績に直結する時代に、酒類業界のスタンダード紙である酒類飲料日報の購読を是非お奨めいたします。


創刊:
昭和42年(1967年)8月
発行:
週5日刊(土・日曜、祭日休み)
体裁:
A4判 7~11ページ
主な読者:
官庁、団体、酒類メーカー、インポーター、商社、卸、小売、機器・資材関係など
発送:
東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 *希望によりFAX配信も行います(実費加算)
購読料:
3ヵ月=本体価格21,000円+税 6ヵ月=本体価格41,000円+税 1年=本体価格79,300円+税

バックナンバー 最新号のご案内

2018年8月13日号

・「一番搾り」年間計画をプラスに転換、ビール類計も7.0%増に上方修正
・アサヒの7月のビール類販売は7%減、「クリアセブン」47万c/sを出荷
・キリンの7月のビール類販売は15%増、「本麒麟」100万c/s以上を出荷
・サッポロの7月のビール類販売は8.0%減、「黒ラベル」缶は2割増
・今年もブランド価値育成に努める~MHD社長ブルノ・イヴォン氏が会見
・「バランタイン17」年から限定品
・「ベルギービールウィークエンド」日比谷初開催、4日で25,000人見込む
・「2017年 世界主要国のビール生産量」公開―キリンビール大学レポート
・シードル「ストロングボウ」料飲先行発売
・「ホワイトホース」ハイボール缶が好調
・「産地の恵み〈瀬戸田レモン〉」販売地域変更、豪雨被害で原料調達困難に
・低吸着パックで「きもと樽酒」―菊正宗
・「八重垣 純米 ひやおろし」―ヤヱガキ
・紙容器のラインアップを拡大―小西酒造
・糖質70%オフ・プリン体ゼロ刷新―月桂冠
・「松竹梅 天」新商品と既存商品リニューアル
・【目覚まし】 ウイスキーは凍らない、ということはあまり知られてない?
・2018年7月の合成清酒POS売れ筋ランキング(販売金額ベスト50)
・7月17日~7月29日の中部・近畿スーパーチラシ特売①
・2018年6月および1~6月の酒類輸入通関実績②


各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.