酒類飲料日報

酒類飲料日報

酒類に関する全ての情報が分かる日刊の専門紙

酒類飲料日報

2006年9月に酒販免許が実質自由化されたことはご存知でしょうか。お酒を購入する場所は「酒屋」からスーパーやコンビニに変わりました。いま、売場だけでなくメーカーや卸売業者など酒類業界にも変革の波が一気におしよせています。ビールメーカーはオープンプライスを導入したり、同業他社にM&Aを仕掛けたりと「横並び」と言われた業界構造が音を立てて崩れています。末端小売6兆円という巨大な飲酒市場をめぐってビジネスに勝ち抜くためには日々の新鮮な情報が欠かせません。情報力が企業の業績に直結する時代に、酒類業界のスタンダード紙である酒類飲料日報の購読を是非お奨めいたします。


創刊:
昭和42年(1967年)8月
発行:
週5日刊(土・日曜、祭日休み)
体裁:
A4判 7~11ページ
主な読者:
官庁、団体、酒類メーカー、インポーター、商社、卸、小売、機器・資材関係など
発送:
東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 *希望によりFAX配信も行います(実費加算)
購読料:
3ヵ月=本体価格21,000円+税 6ヵ月=本体価格41,000円+税 1年=本体価格79,300円+税

バックナンバー 最新号のご案内

2018年5月7日号

・3月の新規醸造免許、駆け込みで「発泡酒」製造免許多数 東京都では3月だけで11件も新規で取得―国税庁
・3月の灘五郷清酒出荷数量は前年比7.1%減―灘五郷酒造組合
・酒造好適米「菊水」田植えイベント開催、185名が参加―菊水酒造
・岡本均新社長が抱負語る「独自戦略で更なる歴史築く」―伊藤忠食品
・日本酒類販売人事異動(6月1日付) 
・酒類小売のマルキ、破産手続き開始
・売上、利益とも過去最高、ワインはぶどう畑への投資進める―キッコーマン
・「FIFAワールドカップ トロフィー」
・【目覚まし】価格の下限設定でどうなる?


各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.