サントリー食品インターナショナルは、「サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー) ビターエナジー」(375mlPET/税抜190円)を8月21日から1都10県(※)で発売する(10月から全国発売予定)。

※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、山梨県、静岡県
エナジードリンク市場の動向(サントリー食品インターナショナル)

エナジードリンク市場の動向(サントリー食品インターナショナル)

近年のストレス社会などを背景に、「手軽に疲れを取りたい、元気になりたい」という需要が高まり、エナジードリンク市場は伸長している。しかし、市場が伸長する一方で、「エナジードリンクは化学的で人工的なイメージ」、「飲みすぎると身体に悪いのではないか」などの声が多く、カテゴリー別の購入率は約8%と他の飲料に比べて圧倒的に間口が狭く、男性若年層に支持されるカテゴリーになっている。

今回発売される「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」は、自然由来の素材と、苦味・強炭酸の刺激に着目して生まれたエナジードリンク。カフェイン量は、従来のエナジードリンクよりも少ない1本あたり45mgで、525mlの緑茶飲料1本分とほぼ同等の量という。また、てんさいを原料とした糖類のパラチノースを使用した。容器はペットボトルのため、分割して飲むことができ、自分のペースで楽しめる新しい飲用スタイルを提案する。

サントリー食品インターナショナル ブランド開発第1事業部 脇奈津子氏

サントリー食品インターナショナル ブランド開発第1事業部 脇奈津子氏

同社のブランド開発第1事業部の脇奈津子さんは、「エナジーをもっと人間らしく、天然水だからこそ、人の身体を一番大切に考えた。全く新しい刺激のある味わいに加え、サントリー独自の糖・カフェイン設計で、身体にやさしいのに、思いっきり頑張れるエナジードリンク。受験勉強に打ち込む中学生や高校生、子育てに忙しいお母さん・お父さん、元気に頑張りたいお年寄りなど、みんなが安心して頼りにできる、天然水ブランドのエナジードリンクを目指した」とした。

エナジー感のある味わいを実現するため、既存品のような糖とカフェインだけではなく、カフェインを含む茶葉である“グアユサ"を使用。また、コクがあり後キレの良い爽快な辛みのジンジャー、冷涼感のあるミントを使用している。さらに、ホップと有機グレープフルーツ果汁が持つクセになる苦味と、喉にグッとくる強炭酸の刺激を掛け合わせた。

脇さんは、「現在、一部の限られた人に飲まれているエナジードリンクの市場に、南アルプスブランドにしかできないやり方で風穴を開けて、より多くの人のここ一番の役に立ちたいという思いで1年前から開発を続けてきた。コンセプトは、〝厳選素材の自然なチカラを、自分のペースで楽しめる南アルプス発のエナジードリンク〟。宿直などの夜勤で、エナジードリンクを少しずつ飲みたいという声にも応えたい。サントリー天然水ブランドは、自然素材を厳選することで、自然とのふれあいによる人間性の回復への貢献を今後も目指していく」と語った。

〈酒類飲料日報 2018年7月24日付より〉