アサヒ飲料は、全資材に植物由来原料を一部使用した「三ツ矢サイダー」(1.5LPET)を9月25日より32万本(6万箱)をイオングループで発売する。

同社は、2015年から環境負荷低減への取り組みとして植物由来原料を使用した「三ツ矢サイダー」(1.5LPET)を数量限定で発売しており、今年はさらなる環境負荷低減を目指し、ラベルで使用する植物由来原料の割合を高め、PETボトルとキャップは30%、ラベルは80%の割合で植物由来原料を使用していた。

また、新たに「ライスインキ」をラベルの印刷に使用することを21日に発表した。ライスインキは、国産の米ぬかから搾油する際に生じる絞りかすを原料に合成された樹脂を使用しており、従来の石油を原料に使用したインキに比べ環境負荷の低減が期待できる技術。なお、ライスインキを資材に使用した商品は清涼飲料業界で初という(同社調べ)。

同社では、今回の取り組みにより、約10トンのCO2排出量の削減が可能となったとしている。

〈酒類飲料日報 2018年9月25日付より〉