UCCグループで、台湾事業を担当する優仕咖啡股份有限公司(本社/台北市、董事長/杉本昌利、以下/UCC台湾)は、拡大する台湾のレギュラーコーヒー需要に備え、「UCC台湾雲林工場」(台湾・雲林県)を新設し、2019年1月2日から稼働する。

UCCは、1985年に台湾に合弁会社を設立し、コーヒーショップやレギュラーコーヒーの製造・販売などを開始してから30年以上が経過している。同社によれば、台湾は、お茶文化が根強い国ながら、近年では、世界的なコーヒーブームを背景にレギュラーコーヒー市場が急拡大し、2017年のコーヒー生豆輸入量は約28,000tと、2013年の輸入量(約18,000t)に比べ、1.5倍に増加しているという。

UCC台湾では、このような市場及び消費者動向を背景に、レギュラーコーヒー市場のさらなる拡大に備え、日本で培った最新鋭の技術を備えた新工場を新設したとしている。

新工場「UCC台湾雲林工場」の特長は、〈1〉コーヒー需要拡大に対応する台湾最大規模の焙煎能力(最大10,000t)〈2〉UCC独自製法・自社開発機(焙煎機AROMASTERなど)の導入〈3〉UCC日本品質管理手法を採用し、安心安全な高品質な製品づくり(FSSC22000取得予定)などが挙げられる。

【UCC台湾雲林工場の概要】
▽名称=優仕咖啡股份有限公司 雲林工場
▽所在地=雲林県斗六市榴南里斗工一路7号(斗六工業区内)▽敷地面積=約5,300平方メートル(総床面積 3,200平方メートル)
▽製造品目=レギュラーコーヒー
▽焙煎能力=最大約10,000t(3交替時/台湾最大規模/初年度3,000t)
▽ライン数=焙煎機3台(AROMASTER、炭焼焙煎機他)、粉砕機1台、包装機4台(大容量袋・小容量袋・簡便型他)
▽従業員数=34名(2018年12月末見込)
▽設備投資金額=5億台湾元(約18億円)