伊藤園は、「新時代」をテーマに元号「令和」をデザインした「お~いお茶 新茶」(525mlPET/150円税別)を、5月1日より数量限定で発売する。縁起物の新茶で、良いことが訪れるよう願いを込めた「鳳凰(ほうおう)」と「瑞雲(ずいうん)」をデザインに入れた。

秋から貯えられた養分がつまった新茶は、うまみの成分(アミノ酸)が多く含まれている。同製品は、新茶特有の爽やかな香りと濃厚でみずみずしい旨みが特徴の緑茶飲料(国産新茶100%)。同社は、「年に一度の縁起物として、健康を願い、感謝の気持ちを込めて、吉祥文様を使用した上品かつ存在感のあるデザインを採用するとともに、新元号の始まりを祝うパッケージで新発売します」としている。

「新茶」とは、その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶のこと。一年で最初に摘まれる「初物(はつもの)」の意味を込めて、健康を祈りながら飲まれる縁起物とされる。同社は自社で直接仕入れを行っているため、鹿児島県をはじめとする南九州より高品質な原料茶葉をいち早く仕入れることが可能なため、毎年早い時期から展開している。