このほど発表されたInternational TEA Committee(ITC・国際茶業委員会)確定値によると、2018年世界の茶生産量は前年から3.4%増の589万6644tとなり、過去最高を更新した。

10年前の2009年比で46.7%増の飛躍的な伸長だ。中国で一人当たりの茶消費量が伸びていることに加え、インドや中東諸国における人口増が消費拡大に直結している。

現在、世界の茶生産量の約6割が紅茶、約3割が緑茶と推計され、特に近年は中国を中心に緑茶の生産量が拡大傾向にある。

主要生産国の推移をみると、トップ中国の2018年茶生産量は前年から4.7%増の261万6000t。2009年比では93%増と大きく拡大し、これが生産量全体を押し上げた。2位インドは1.2%増の133万8630t(09年比36.7%増)。続くケニアは12%増の49万2999t(56.9%増)、スリランカは2.3%減の30万4006t(4.9%増)。

今後も世界的に茶の需要は拡大するものと見られ、中国とインド、さらにケニアを中心に生産量が増える見通し。