〈コーヒーを祖業とするグループの中核企業であることを発信〉
UCCグループの業務用事業の中核事業会社であるユーシーシーフーヅは1月27日、今年7月1日から「UCCコーヒープロフェッショナル」に社名変更すると発表した。新社名の由来は、改めてコーヒーを祖業とするグループの中核企業であることをグループ内外に発信するねらいで、プロフェッショナルは業務用分野を意味する。

同社は、UCCグループが長年築いてきたコーヒーの専門知識・技術を駆使しながら、多様化する取引先のあらゆる課題を、ワンストップで解決する「B2Bトータルコーヒーソリューション」の質を高め、顧客の支持拡大を目指す考えだ。

〈業務用市場は「スーパーの棚以外」と再定義〉
ユーシーシーフーヅの川久保則志社長は、「当社はこれまで、喫茶、カフェ、レストランなど外食店のお客様を中心に、コーヒーや食材の提供をしてきた。ただ、近年はCVSなど手軽に飲める機会が増え、業務用コーヒーの市場が拡大、多様化しており、それに伴い(飲食店やオフィスなど企業の)お客様の課題やニーズも多様化している。こうした変化に対応するため、UCCグループにおける業務用市場は、家庭用製品の棚(スーパーの棚)以外の全てを業務用市場と再定義した。グループの強みである“B2Bトータルコーヒーソリューション”を活用し、あらゆるお客様の満足と、競合他社への競争力を高めていくためにグループの業務用事業を再編し、社名を変更する運びになった」と話した。
「業務用市場の再定義」(説明会資料)

「業務用市場の再定義」(説明会資料)

家庭の外で飲むコーヒーは、従来は飲食店が中心だったが、オフィスの中で本格的なコーヒーを楽しむ人が増え、大学の中にもカフェが設置されることが珍しくなくなってきている。コンビニや公共交通機関のラウンジでもコーヒーマシンが設置され、新たに銀行でも対話式窓口の増加傾向から、コミュニケーションの助けになるコーヒーの提案が求められるなど、コーヒーの活躍の場が増えている傾向にある。
 
同社は、コーヒーマシン軸でラッキーコーヒーマシン、地域戦略軸でサッポロウエシマコーヒー、開発・企画軸でUCC上島珈琲などとグループ連携を強め、トータルコーヒーソリューションを実現。競合にはないコーヒー豆、マシン、フードメニュー、ソリューション、保守サービス、物流まで、コーヒーに関係する一貫した事業を展開している強みを発揮する。
 
さらに、社名変更後もフードメニューの提案は注力する考えだ。川久保社長は、「事務所や銀行などオフィスに提供するにフードは、レストランに提供する食材とは異なるだろう。チャネルのニーズに沿っていろいろな食材を提案していきたい。いかに簡単にできるオペレーションを提案できるかということはキーワードのひとつになるだろう」と語った。

ユーシーシーフーヅ 川久保則志社長

ユーシーシーフーヅ 川久保則志社長

また、UCCホールディングスは、オフィスカフェ導入支援サービスを手掛けるGarden(ガーデン)社の一部株式を取得し、同社株主であるLUCY ALTER DESIGN社と株式譲渡契約を調印したことを発表。ガーデン社に対し、これまでUCCグループが蓄積してきたコーヒーに関するノウハウを共有するほか、高品質な豆やメニューの提供、バリスタの育成サポートなどを実施し、ガーデン社の需要拡大、基盤強化に向けた支援を行っていくとしている。