エルビーが9月29日に発売した「おいしい果実酢100」シリーズ(125ml紙/100円税別)が、同社の想定を上回る売れ行きとなっている。

紙パックチルド無糖茶の大手メーカーの同社は、1000ml紙容器の無糖茶で売上が大きく、ビネガー飲料では「ばあちゃんの赤しそドリンク」シリーズにファンが多い。

〈関連記事〉エルビー「ばあちゃんの赤しそドリンク」が想定以上の出荷に

今回発売した「おいしい果実酢100」シリーズ商品は、「おいしい果実酢100ざくろミックス」と「おいしい果実酢100ホワイトグレープ」の2品。ユーザーからは、「果汁の味が強くておいしい」「果実酢の栄養のイメージが身体に優しい印象」といった声が寄せられているという。賞味期限は常温で365日。

エルビーによれば、チルドのビネガードリンクは約60億円の市場規模があり、年々拡大傾向で、2019年は前年比113%になった(※インテージSRI)。その中でも伸長しているのは飲み切れる小容量サイズという。そこで、同社は100%果実発酵のお酢と、100%果汁(濃縮還元)を組み合わせたストレートタイプで飲みきりサイズのビネガードリンク「おいしい果実酢100」を展開した。

「おいしい果実酢100」シリーズは発売以来、20代から30代の有職女性から支持され、仕事中や休憩時のリフレッシュ飲料として人気を集めているという。