エナジードリンクブランドのレッドブルは2月2日、レッドブル・エナジードリンクの新しいフレーバー「レッドブル・エナジードリンク グリーンエディション」(250ml/税別190円)を全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアなどで数量限定で発売した。

〈関連記事〉レッドブル5商品を値下げ、250ml新価格は190円、185mlは終売

「レッドブル・エナジードリンク グリーンエディション」は、ライムフレーバーで後味爽やかな“レッドブル”。パッケージデザインは、従来のレッドブルシリーズとは印象を変えた、緑色が特徴的な仕上がりだ。

食品産業新聞ニュースWEB編集部では実際に「レッドブル・エナジードリンク グリーンエディション」を試飲した。缶を開けた瞬間からライムの爽やかな香りが広がり、ライムの爽快感と炭酸の相性が良く、飲みやすい味わい。後味もスッキリとしており、パッケージにもある“Refreshing Splash”の通り、気分をリフレッシュさせるのにふさわしいエナジードリンクに仕上がっている。

なお、レッドブル・ジャパンは2月1日に、「レッドブル・エナジードリンク 250ml」を現在の241円(以下すべて税別)から190円へ値下げするなど、5商品で価格改定を実施している。