UCC上島珈琲は、ミルクに合わせて選ぶコーヒーとして、牛乳・豆乳のおいしさを引き出す「CAFE@HOME Milk with Coffee」シリーズ2品を10月18日から発売した。

「CAFE@HOME Milk with Coffee カフェオレに合うブレンド」と「CAFE@HOME Milk with Coffee 豆乳カフェオレに合うブレンド」。コーヒーを飲み慣れていない人たちに、コーヒーのおいしさを知ってもらうねらいだ。

「CAFE@HOME」は、コーヒーのある豊かなライフスタイルを提案するシリーズ。レギュラーコーヒーを1杯分ずつ真空パックしており、カップに乗せて使えるペーパーフィルター付き。自宅で気軽にコーヒーを淹れることができる。

カフェオレに焦点を当てた新シリーズ「CAFE@HOME Milk with Coffee」では、牛乳や豆乳と合わせた時においしくなる味わいを目指す。抽出競技会で2011年に世界チャンピオンになった経歴を持つ、UCCのDTC事業本部の木次日向子(きつぎひなこ)さんの監修のもと誕生した。

過去牛乳に合わせたコーヒーを期間限定で展開し、その時の反響が大きかったことから、今回は牛乳、豆乳それぞれでカフェオレに合うブレンドを定番商品として投入する。

木次さんは、「CAFE@HOME Milk with Coffee」開発の背景について次のように語る。「コーヒーを飲み慣れていないお客様からブラックは飲まないという声があり、砂糖やミルクを入れて飲む飲用シーンが見えてきました。そこで飲み慣れていない人たちに“コーヒーっておいしい”ということをお知らせできたらと考えました」。
UCC 木次さん

UCC 木次さん

 
新商品「CAFE@HOME Milk with Coffee カフェオレに合うブレンド VP10g」(VP=真空包装、1杯分、税込238円)は、牛乳の甘さとコーヒーの香ばしく心地よい苦みがお互いを引き立てる設計。「CAFE@HOME Milk with Coffee 豆乳カフェオレに合うブレンド VP10g」(1杯分、税込238円)は、豆乳のすっきりとした風味とコーヒーのコクが合わさり、バランスの良い味わいとなっている。
 
おすすめのレシピは、お湯を100cc使って抽出するとコーヒーが80cc出来上がる。そこへ温めた牛乳または豆乳を100cc注ぐ。良いバランスのカフェオレが楽しめるという。
 
UCCは、「CAFE@HOME Milk with Coffee」シリーズを使ったアレンジカフェオレも紹介。出来上がったカフェオレに、チョコペンで絵を描いたマシュマロを浮かべるという簡単に楽しめる提案を行っている。

アレンジカフェオレ

アレンジカフェオレ

 
「CAFE@HOME」シリーズはこれまで、コーヒーの産地や品種などではなく、チョコレート、チーズやフルーツなどの食べ物との組み合わせからコーヒーを選べる「Food with Coffee」や、時間帯やシーンなどライフスタイルに合わせて選べる「Life with Coffee」といったテーマで商品を展開してきた。メインターゲットは30〜40代女性だが、今回の「Milk with Coffee」は20〜30代女性を中心に訴求する。コーヒーの新しい楽しみ方を幅広い層に提案していく考えだ。
 
〈「CAFE@HOME Milk with Coffee」シリーズ販売店舗〉
「COFFEE STYLE UCC」3店舗(横浜店、アトレ吉祥寺店、下北沢店)、コーヒー豆挽き売り業態「UCC カフェメルカード」など全国12店舗、「COFFEE STYLE UCC オンラインショップ」