イオンリテール近畿カンパニーは5日、大阪市中央区に、小型スーパー業態「イオンエクスプレス」の近畿1号店である「大阪常盤町店」をオープンした。売場面積260平方メートルとコンビニと同規模の小型店として、ビジネスパーソンや単身世帯者などのニーズに対応するため、弁当や寿司、惣菜、サラダなどの即食商品を中心にしつつ、青果と畜産も一部取りそろえ「内食」需要にも対応して展開する。

中央大通り「谷町4」交差点、大阪メトロ谷町四丁目駅から西へ徒歩200mに位置し、周辺はオフィスビルやホテルなどが立ち並ぶビジネス街となっている。ビジネスマンの簡単な朝食や昼食需要といった「外食」ニーズに対応するため、イートイン席を20席用意。品ぞろえはすぐに食べられる惣菜や弁当が中心だが、少量パックの肉や野菜もそろえ、近隣に住む単身世帯者が手軽に料理する「内食」需要にも対応できるよう品ぞろえした。

また、冷凍食品もリーチイン4扉で展開。周囲には多くのコンビニが存在するが、あくまで小型スーパーとして、他のイオンの店舗並みの価格設定で対抗する。PBである「トップバリュ」製品も多くそろえており、PBで売り上げの30%程度を目標にしている。

イオンの店舗は大阪にも多く存在するが、大阪市内では出店できる規模の物件が中々ないため、比較的物件を確保しやすいコンビニ規模の小型業態として出店。今後も、市内を中心に最大でも売場面積300平方メートルで出店を進めていくとしている。

【店舗概要】
▽所在地
=大阪市中央区常磐町2-2-10
▽電話=06-6467-4717
▽営業時間=7時~23時

〈畜産日報 2018年10月11日付より〉