ローソンは6月18日、お土産等の用途で人気の“バターサンド”に最近の専門店等での流行を取り入れた、丸く厚みのある形状とサクサクと軽い食感の「SAKUBATA」(サクバタ)を発売する。「サクバタ -サクッとバターサンド キャラメル-」と「サクバタ -サクッとバターサンド ストロベリー-」(各220円税込)の2品。全国のローソン店舗13,884店(2019年5月末時点、「ローソンストア100」除く)で販売する。
「サクバタ -サクッとバターサンド ストロベリー-」

「サクバタ -サクッとバターサンド ストロベリー-」

“バターサンド”はレーズン等が入ったバタークリームをクッキー生地で挟んだスイーツ。従来は四角いクッキー生地で甘いクリームを挟んだものが主流だったが、2018年の秋頃から、専門店を中心に見た目・食感・味わいにこだわった様々な商品が発売され、流行に敏感な女性を中心に人気が高まっているという。
 
ローソンが今回発売する「サクバタ」は、キャラメル味や苺味の厚みのあるバタークリームをサクサクと軽い食感の丸いクッキー生地で挟んだ。丸く厚みのある形状で、見た目にも新しい形のバターサンド。「今年3月26日の発売から累計1,400万個超を販売している“バスチー”同様に、流行をいち早く取り入れた商品として、味わいや食感にこだわって開発した」(ローソン)。
 
「サクバタ -サクッとバターサンド キャラメル-」は2種類の焦がしカラメルを加えたほろ苦いキャラメル味のバタークリームを、サクサクと軽い食感のクッキー生地で挟んだバターサンド。クリームの中にはごろごろとした飴がけのアーモンドを入れた。
 
「サクバタ -サクッとバターサンド ストロベリー-」は、フリーズドライストロベリーを入れた甘酸っぱい苺味のホワイトチョコ入りバタークリームを、サクサクと軽い食感のクッキー生地で挟んだバターサンド。
 
2品とも、クッキー生地には発酵バターを使用し、香り良く仕立てている。

「サクバタ」2品のパッケージ

「サクバタ」2品のパッケージ