〈50周年の米菓「おにぎりせんべい」とコラボ〉
ローソンは7月30日、中部地区のローソン店舗(2019年6月末現在約1600店、「ローソンストア100」を除く)で、今年で発売50周年を迎えた、マスヤ(三重県伊勢市)のロングセラー商品「おにぎりせんべい」とコラボレーションした商品3品を発売する。

※中部地区=静岡県、愛知県、岐阜県、三重県(一部店舗を除く)、富山県、石川県、福井県(一部店舗を除く)

「おにぎりせんべい」は、マスヤが1969年7月に発売した米菓。今回、発売50周年を記念し、ローソンとのコラボ商品を発売することとなった。

ローソンが今回発売する商品は、発売33年を迎えたローソンのロングセラー商品「からあげクン」と、焼おにぎり、焼うどんの3品。それぞれの商品においては、「おにぎりせんべい」の特徴である「だし」のうまみにこだわった熟成醤油だれの味わいを再現するとともに、一目でコラボ商品とわかるよう、パッケージの一部に同商品のデザインを使用する。
「おにぎりせんべい焼おにぎり」

「おにぎりせんべい焼おにぎり」

「からあげクン おにぎりせんべい味」(税込216円)は、「おにぎりせんべい」をイメージし、香ばしく甘めの味付けの醤油味にきざみのりを使用。
 
「おにぎりせんべい焼おにぎり」(税込125円)は、甘めの醤油で味付けした焼おにぎりの表面に、「おにぎりせんべい」と同じきざみのりをまぶした。
 
「おにぎりせんべい焼うどん」(税込430円)は、甘辛い醤油で味付けした焼うどんに「ミニおにぎりせんべい」を別添。振りかけて食べる仕様となっている。
 
ローソンは3商品の発売にあたり、「今後も地元企業とのコラボ商品の発売を通じ、地域の活性化に貢献してまいります」としている。

「おにぎりせんべい焼うどん」

「おにぎりせんべい焼うどん」