セイコーマートを運営するセコマは、9月30日まで、店内調理「HOT CHEF」が25周年を迎えることを記念し、「ホットシェフ25周年 復活投票キャンペーン」を開催している。

「HOT CHEF」はセコマが「店内で調理した安心できる作りたての温かいお弁当や惣菜をお客様に提供したい」という想いを実現するため、1994年12月に初めて試験導入し、現在は北海道・関東を合わせ926店で展開。食材や調理機器、調理方法の研究、改良を重ね、今では常時30種類以上の作りたての商品を提供している。セコマによると、利用客の目の前で調理することや作りたてを提供することは、保存料や食品添加物を出来るだけ使用しない「安心感」へとつながり、支持を得ているという。

今回の「ホットシェフ25周年 復活投票キャンペーン」では、公式WEBサイトとTwitterのセイコーマート公式アカウントで「丼もの」「おにぎり」「フライドチキン」の3カテゴリ7品ずつ、全21品の対象商品から「また食べたい」「食べてみたい」と思う商品の投票を受け付け、各カテゴリで投票獲得数1位の商品を復活する。結果は10月末発表予定。

なお、「HOT CHEF」の商品のうち、お店でご飯を炊き、カツを揚げて作る「HOT CHEFカツ丼」はセイコーマート全商品の中で売上金額1位、鶏肉をひとつひとつ衣をつけて揚げる「HOT CHEFフライドチキン」は全商品の中で販売数1位だという。

◇「ホットシェフ25周年 復活投票キャンペーン」投票受付サイト
https://www.seicomart.co.jp/instore/hotchef25th.html
売上金額1位の「HOT CHEFカツ丼」と販売数1位「HOT CHEFフライドチキン」

売上金額1位の「HOT CHEFカツ丼」と販売数1位「HOT CHEFフライドチキン」