セブン-イレブン・ジャパンが買物支援の取り組みとして展開している移動販売「セブンあんしんお届け便」が、11月22日から高知県日高村で稼働を開始、これで全国100台体制となった。

「セブンあんしんお届け便」は、おにぎりや弁当、パン、飲料などを軽トラックに積み、小売店舗の少ない地域で提供する移動販売サービス。常温から冷凍まで各種食品や飲料に対応するため、トラック内部は4つの温度帯)に分かれ、加工食品や雑貨(常温)、おにぎり等の米飯類(20℃)、サンドイッチ等のチルド商品(5℃)、アイスクリーム等(-20℃)、約150アイテム以上の商品を積載できる。品揃えは地域のニーズに応じて、加盟店が決定する。

セブン-イレブン・ジャパンによると、「セブンあんしんお届け便」は食事を中心に届ける“現代のご用聞き”を目指すサービスとして展開し、2011年5月に茨城県で開始して以来、全国のセブン-イレブン店舗へ導入を拡大し、現在は1道1都2府32県で実施。展開の背景として、「少子高齢化や人口減少」、「食料品販売店等の小売店舗をはじめ、さまざまな拠点数の減少」など社会環境の変化により、日常の買物をする上で不便・困難を感じている人が多くの地域で増加していると説明している。
「セブンあんしんお届け便」は、1道1都2府32県で100台を展開

「セブンあんしんお届け便」は、1道1都2府32県で100台を展開

セブン-イレブン・ジャパンは、「今後も店舗における商品・サービスの拡充だけでなく、お届けサービスや移動販売を通じて、地域の皆様にとってより“近くて便利”なお店を目指してまいります」などとしている。