ミニストップは7月3日、「ハロハロ果実氷メロン」(税別318円)を国内全店(2020年5月末現在1974店)で発売した。

1995年の発売以来25周年を迎えた人気商品“ハロハロ”の2020年第4弾にして6品目。6月29日から順次展開し、7月3日で全店発売となったもの。2020年の「ハロハロ」シリーズは4月から販売開始し、これまでに「ハロハロ ラムネ」「ハロハロ パチパチグレープ」「ハロハロ パチパチ完熟ゴールデンパイン」「ハロハロ果実氷いちご」「ハロハロ果実氷 白桃」をラインアップしている。

ハロハロの果実氷は、氷の代わりにスライスしたフローズンフルーツを使用したシリーズで、メロンは今回が初登場。「ハロハロ果実氷メロン」は、マイナス30℃で急速冷凍したフローズンメロンに、甘みがありながらも後味すっきりのメロンシロップをかけた。メロンをそのままスライスしているため、メロン本来の風味や色が出て、鮮やかな見た目も楽しめる。さわやかなメロンは、新しくなったソフトクリームバニラとの相性も抜群だという。

なお、「ハロハロ」はタガログ語で「混ぜこぜ」という意味で、フィリピンの代表的なかき氷デザート。「混ぜこぜ」という名の通り、中に入れる食材に特別な決まりはなく、色や食感、味の異なるいろいろな甘いものとかき氷を混ぜながら食べられている。