ローソンは11月10日、乳飲料「『鬼滅の刃(きめつのやいば)』いちごミルク」を発売する。映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」コラボキャンペーンの一環で発売するタイアップ食品。チルドカップ190ml、税別183円。店頭に並ぶ時間は、店舗により異なる。

「『鬼滅の刃』いちごミルク」のパッケージは通常デザイン5種類と、シークレット1種類の計6種類。

事前に公開している通常デザイン5種類は、「鬼滅の刃」キャンペーンイメージにも起用しているキャラクター、「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」「竈門禰豆子(かまどねずこ)」「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」「嘴平伊之助(はしびらいのすけ)」「煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)」の5人を、1人ずつ配置した。

ローソンでは「『鬼滅の刃』いちごミルク」発売と同日の11月10日から、「『鬼滅の刃』ミルキーマグカップ&『カルピスウォーター』PET280ml」(税別1000円)も発売する。
ローソン「鬼滅の刃」ミルキーマグカップ&「カルピスウォーター」PET280ml

ローソン「鬼滅の刃」ミルキーマグカップ&「カルピスウォーター」PET280ml

 
〈関連記事〉ローソン限定「『鬼滅の刃』ミルキーマグカップ&『カルピスウォーター』」発売、義勇&しのぶ、炭治郎&禰豆子たちの6デザイン
 
「『鬼滅の刃(きめつのやいば)』いちごミルク」「『鬼滅の刃』ミルキーマグカップ&『カルピスウォーター』PET280ml」の両商品は、全国の「ローソン」店舗限定商品で、「ナチュラルローソン」では販売しない。店頭に並ぶ時間は、店舗により異なる。
 
なお、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開3日で観客動員数342万人、興行収入46億円を超え、3日連続で平日・土日それぞれにおける国内公開映画の観客動員・興行収入で歴代1位を記録した。さらに、公開10日で興行収入100億円を突破し、公開24日の11月8日時点で、観客動員数は1500万人、興収は200億円を超えた。
 
日本で公開された映画のうち、興収200億円を超えた作品は6本目。これまで興収200億円突破に要した期間の記録は「千と千尋の神隠し」の59日。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」はその倍速を超えるペースで大幅に記録を更新している。
 
「『鬼滅の刃』いちごミルク」のカップにデザインされているキャラクターの1人で、映画のキーパーソンとなる「煉獄杏寿郎」は、SNSなどで一部ファンから、ヒットを担った功労者という扱いを受けており、興収100億円突破の際には「煉獄さん100億の男」というフレーズがトレンドワード入り。続いて、興収200億円を突破したことで「煉獄さん200億の男」もトレンドワードとなった。
 
歴代興収1位の「千と千尋の神隠し」の308億円突破が期待される状況の中、「#煉獄さんを300億の男に」というハッシュタグを付けた投稿も増えている。
 
作品の話題化に伴いコラボ商品の需要も拡大しており、食品メーカーの中には、「『鬼滅の刃』関連商品の売れ行きが想定を超え、すでに工場をフル稼働している。他の商品の生産に支障が出てしまうため、これ以上の増産には対応できない」として、インターネット上での情報発信を見送っている企業もある。
 
ローソンをはじめ各社が展開する「鬼滅の刃」コラボからは、まだ多くの大ヒット商品が誕生しそうだ。