セブン-イレブン・ジャパンは2月3日、「中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン」を全国のセブンイレブン店舗で順次リニューアル発売する。レンジで温めて食べるラーメン。一部エリアや店舗では、取り扱いが無い場合がある。

「中華蕎麦とみ田」は千葉県松戸市にある人気ラーメン店で、2018年の「大つけ麺博」ではグランプリを獲得。セブンイレブンとのコラボレーションではこれまでに、冷しつけ麺、冷し豚中華(季節限定)、インスタントラーメンなどを展開している。

〈関連記事〉「セブンプレミアムゴールド」から初の冷凍麺、濃厚魚介豚骨「とみ田 つけめん」発売

セブンイレブンは今回の「中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン」リニューアルで、味のポイントである「背脂ニンニク」(刻んだにんにく・背脂・ラードを合わせた特製調味料)の背脂を増量し、より“豚感”を感じられるよう改良。背脂の固形感を残し、スープに溶け込む脂のうまみと、とろとろした背脂の食感を更に楽しめるようにする。

また、醤油の味わいを向上し、キレのある飲み口が特徴の豚骨醤油スープに仕上げた。麺は、強力粉の量を増やすなどして食感と噛み応えを向上。具材は、たっぷりのもやしとキャベツとともに、味しみと食感のよいチャーシューを盛りつける。

発売日はエリアによって異なり、2月3日に千葉県松戸市と近隣のエリア、2月5日には千葉県と東京の一部エリア、2月10日からは全国(新潟県・富山県・石川県・福井県・沖縄県を除く)で発売する。
セブンイレブン「中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン」

セブンイレブン「中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン」