ファミリーマートは9月7日から20日までの3週間、「ファミマのお芋掘り」と題し、秋の味覚のさつま芋を使ったスイーツ、パン、チルド飲料、アイスなど17品目を、全国約1万6,600店で発売する。

ファミリーマーは2021年9月1日で創立40周年。3月から「40のいいこと!?」と題し、すでに40を超える様々なキャンペーンを展開しており、「ファミマのお芋掘り」はその取り組みの一環で実施する。

【関連記事】サークルK・サンクス・ampm“懐かしの看板商品”ファミマに復活、天使のチーズケーキ・びっくりのり弁・パリジャンサンドなど10品/ファミリーマート

同社では毎年秋に、さつま芋を使った商品を5品程度、期間限定で発売している。2020年は甘みが濃く、ねっとり感が特徴で、さつま芋の品種の中で人気が高く、「スイーツとの親和性が高い」(杉本隆彦商品本部デリカ食品部調理パン・調理麺・デザートグループデザート担当)「安納芋」を使ったが、確保できた原材料に限りがあり、十分な供給ができなかった。2021年は「安納芋」に加え、同様に甘みとねっとり感が強い「紅はるか」も使用して、十分な原材料を確保できたことから、幅広いカテゴリーから、一挙17品目を発売する。

発売する商品は、半生菓子からは「紅はるかのパウンドケーキ」(税込み138円)、「紅はるかのバウムクーヘン」(168円)、「紅はるかのスコーン」(168円)、「紅はるかのドーナツ」(128円)、「紅はるかのひとくち大福」(138円)の5品。

チルドデザートからは「紅はるかのスイートポテトタルト」(210円)、「紅はるかのスイートポテトクレープ」(298円)、「安納芋の和パフェ」(298円)の3品。

アイスからは「焼いも最中アイス(紅はるかペースト使用)」(178円)、「ワッフルコーン紅はるか」(268円)の2品。

チルド飲料は「さつまいもオレ(安納芋ペースト使用)」(198円)の1品。

菓子からは「2色の紅はるかクッキー」(278円)、「紅はるかのプリンチョコ」(149円)、「紅はるかコーンチョコ」(138円)、「カルビー安納芋スティック」(197円)の4品。

菓子パンからは「スイートポテト蒸しケーキ」(138円)、「大学芋なスティックドーナツ」(138円)の2品。

ファミリーマートが今年展開している「40のいいこと!?」では、カテゴリーを横断したキャンペーンに力を入れている。7月下旬から8月上旬に行った「ファミマ夏のカレー祭り」では、おにぎり、弁当、麺類、惣菜、パン、ホットスナック、菓子など23品目のカレーメニューを販売。

8月には「ファミチキ」などのホットスナック、サラダ、サンドイッチなど20品目で、価格据え置きで40%増量キャンペーンを展開した。