ローソンは3月18日、 「生カスタードシュークリーム」(税込150円)が、発売開始から4日で累計販売数100万個を突破したと発表した。

【関連記事】ローソン「バスチー」発売3日で100万個販売の大ヒット

「生カスタードシュークリーム」は、3月14日に発売した新作スイーツ。低温でじっくりと炊き上げることで、卵感をしっかりと感じられる仕立てのカスタードに、コクと乳味感のある北海道産生クリームと、甘く豊かな香りのマダガスカル産のバニラビーンズをあわせたカスタードクリームを、薄皮のシュー生地に入れた。魚粉やマリーゴールドを食べて育った親鳥からとれた、コクと甘み・黄色い色合いの黄身が特長の卵を原料に使い、カスタードの美味しさを追求したスイーツシリーズの第一弾。

「生カスタードシュークリーム」販売数は発売4日で約124万個に達し、2021年9月発売「生ガトーショコラ」の“発売4日で約117万個”を超える記録。「バスチー バスク風チーズケーキ」の“発売3日で100万個”に次ぐ、ローソンのウチカフェスイーツ史上2番目の速さで、販売数100万個突破となった。
ローソン「生ガトーショコラ」

ローソン「生ガトーショコラ」

ローソン「バスチー バスク風チーズケーキ」

ローソン「バスチー バスク風チーズケーキ」