フードテックCEO商談会が2月21日から3月3日の間、オンラインで開催される。主催は独立行政法人中小企業基盤整備機構。

今回の商談会は、フードテックを有する日本の中小企業を対象に、海外への販路拡大、技術連携、OEMによる現地生産等、海外展開を目的に開催するもの。

本商談会の利点は、「海外企業の経営陣と直接的な関係構築が可能」「各国通訳付で日本語商談が可能」「海外展開の専門家が商談をサポート」「海外支援機関より推薦され、審査を経た信頼のおける海外企業が参加」など。

主なテーマや対象分野は、〈1〉自動化・省人化による生産性向上〈2〉鮮度保持技術や新規包材〈3〉水処理技術や設備〈4〉食品の高付加価値・先端技術〈5〉スマート農業――となっている。対象国・地域はインドネシア、タイ、ベトナム、台湾で、参加料は1商談につき5500円(税、通訳費込み)。

1月24日正午まで、参加申し込みを受け付けている。申し込みは、「フードテックCEO商談会」で検索、中小機構ホームページから。問い合わせ先は、フードテックCEO商談会(オンライン)事務局電話、03-6407-8078まで。

◆フードテックCEO商談会(オンライン)