花王グループは4月9日、新型コロナウイルス感染症予防に必要な衛生関連製品の大幅な増産を行うと発表した。4月後半から従来の20倍以上の増産を目指す考えだ。

花王グループによれば、特に消毒液において1月後半から大きな需要が発生し、同社は全力で増産を行ってきたという。だが、「それでも全く足りない現状ですので、増産と並行して、これまでの概念に捉われない新たな生産・供給体制の構築を進め、ようやく確立することができました」とする。

具体的には、生産可能な工場すべての活用、既存容器の緊急活用による詰め替え品の提供、ボトルの一部自製化等で、順調に稼働できれば、4月後半からこれまでの20倍以上の増産が可能になるという。これにより、「病院・施設等ひっ迫している需要に対応するとともに、ご家庭にも何とかお届けできると考えます」(花王)。

さらに、同社は日本以外でも、消毒液の生産を開始する予定という。病院等への寄贈品の生産をドイツから行い、早急に各地域へ生産を拡大するとしている。

花王のコメントは以下の通り。

花王グループでは、今後の感染症予防の高まりを踏まえ、暮らしのキレイを守る「プロテクトJAPAN」活動を推進してゆく予定です。

この活動は、花王グループのESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」のソーシャルイノベーション(感染症予防による社会への役立ち)を実践する取り組みです。勿論、グローバルに拡げてゆきます。

生活者が安心して日々暮らすことができるよう、全社一丸となってこの取り組みを進めてまいりますので、ご支援のほど宜しくお願いいたします。