ソシオークホールディングス(株)のグループ会社であるハガクレフード(株)は6月18日、日本の伝統的な食文化を守るため、保育園給食で実際に提供している郷土料理レシピをホームページで公開した。

6月18日は国際連合が定める「持続可能な食文化の日」。世界中の人々に向けて食料生産の維持と食文化の継承への意識を高めるという目的で、2016年に国連によって制定された。

ハガクレフードのホームページでは、長野県の郷土料理「おやき」のレシピを公開するとともに、中部地方の「五平餅」、石川県の「めった汁」、奈良県の「なら茶めし」の3つの郷土料理の特徴を紹介している。同社は保育園給食で郷土料理を提供する際には、子どもたちが楽しく学べるよう郷土料理について説明したチラシも掲示しているという。

◆ハガクレフードホームページ