〈日本5店目の「パイフェイス」 西日本では2店目〉
(株)ダスキン(大阪府吹田市、山村輝治社長)は2月25日、パイ専門店「パイフェイス JR京都駅ビルショップ」をオープンした。「パイフェイス」は同社が展開するオーストラリア発祥のミートパイとコーヒーの専門店で、西日本エリアでは大阪に次ぐ2店目。全国では5店舗目の出店となる。同店は京都駅ビル中央コンコース2Fのオープンスペースに位置し、「ミスタードーナツ」「シフォン&スプーン」と客席を共有。

「クラシックミンスビーフ」をはじめとしたセイボリー(惣菜)パイに加え、日本では和の素材をとりいれたオリジナルのスイーツパイなども販売する。

「観光客が多く訪れる京都駅という立地をいかし、たくさんの人に知ってもらえれば」(同社)。

【店舗概要】
▽所在地=
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビル2階
▽席数=128席
▽中心価格帯=パイ250円~420円。

〈米麦日報 2018年2月27日付より〉

【関連記事】
原宿に“超濃厚“ごまアイス専門店 「アイス天ぷら」「厚焼きパンケーキ」提供も
ファーストキッチン・ウェンディーズ急拡大、今年中50店 2020年に100店目標
ドムドムハンバーガー、「2027年に100店舗」のビジョン 現状の3倍
日本サブウェイ、ブランド改革へ始動 5月メニュー改定でサラダ本格導入も