牛丼チェーン「吉野家」は10月1日11時から10月15日15時まで、「牛丼・牛皿全品10%オフキャンペーン」を全国の店舗で実施する。

「牛丼・牛皿全品10%オフキャンペーン」は、牛丼・牛皿の全サイズを対象とし、店内でもテイクアウトでも本体価格より10%割引になる。

吉野家は1899年(明治32年)に創業。2019年は120周年を迎えたことを記念し、「おいしい吉野家の牛丼をより幅広いお客様に身近に感じていただける取り組み」(吉野家)を展開している。今回の「牛丼・牛皿全品10%オフキャンペーン」はその一環で、吉野家の牛丼をより気軽に、日常的に利用してもらうきっかけ作りとして実施する。

吉野家は「牛丼・牛皿全品10%オフキャンペーン」について、「普段から吉野家を利用いただいているお客様はもちろん、ご家族やご友人とのおでかけや集まりでのお弁当としてなど、様々な方に多様なシーンで吉野家の牛丼・牛皿を利用していただけることを期待しています」としている。

なお、吉野家は10月1日からの消費増税にあたり、従来の本体価格(「牛丼」並盛352円、大盛510円など)を据え置き、税率10%となる店内飲食と、軽減税率8%が適用されるテイクアウトで異なる税込価格を採用する。

〈吉野家「牛丼・牛皿全品10%オフキャンペーン」概要〉
◆期間=2019年10月1日11時~10月15日15時
◆対象商品=牛丼、牛皿、サラシア牛丼、お子様ミニ牛丼セット、〆の牛丼、牛皿ファミリーパック
※全サイズ、店内・テイクアウトともに対象。牛丼・牛皿以外のメニューは対象外。
◆内容=上記対象商品の本体価格より10%オフ
◆実施店舗=吉野家の全国店舗(一部を除く)