株式会社ドトールコーヒーが運営する「ドトールコーヒーショップ」は3月19日、タピオカドリンク春の新フレーバー「タピオカ ~宇治抹茶ミルク~」および「ミラノサンドC スモークチキンと半熟たまご ~味噌ジンジャーソース~」を発売する。

新メニューの「タピオカ ~宇治抹茶ミルク~」(税別417円~)は、ほどよい苦味が特徴の宇治抹茶に、やさしい甘味のミルク、もちもち食感のタピオカを合わせた。

一方、「ミラノサンドC スモークチキンと半熟たまご ~味噌ジンジャーソース~」(税別382円)は、桜チップでスモークしたチキンに、半熟ゆでたまご、レッドオニオンを合わせた。“味噌ソースのやさしい甘味”と、“ピリッとした生姜の辛味”を、レンコンの食感が楽しめる味噌ジンジャーソースをかけることでまとめている。
ドトール「ミラノサンドC スモークチキンと半熟たまご ~味噌ジンジャーソース~」

ドトール「ミラノサンドC スモークチキンと半熟たまご ~味噌ジンジャーソース~」

なお、「ミラノサンドC スモークチキンと半熟たまご ~味噌ジンジャーソース~」発売に伴い、「ミラノサンド 照り焼きチキンとタマゴサラダ」は3月18日で販売終了する。